毛皮の保管状態をチェックする重要性

シーズン中はどのように保管すればよいか

毛皮を売ろうと考えているならば、どのように保管しているのかチェックしてみましょう。デリケートな素材である毛皮の品質を長く保つためには日ごろから取り扱い方に気をつける必要があります。まずシーズン中は帰宅したらしっかりした太めのハンバーにかけて、軽く手で払ってホコリを落としましょう。
次に軽く手でブラッシングします。毛の流れが乱れているなと思ったら専用のブラシを使うと毛並みを上手くそろえることが可能です。お手入れが終わった後は風通しがいい場所で陰干しさせましょう。直射日光に毛皮を当てるのは色艶が悪くなってしまうので厳禁です。このような方法で常に毛皮をいい状態に保っておくと、買取でいい評価が付きやすくなります。

シーズンが終了した後の保管方法について

シーズンが終わった後の毛皮を保管するならば、まず余裕がある場所を見つけましょう。別の衣類と押し合ってしまうような場所では毛がつぶれてしまったり、クセがつくことがあります。また湿度が苦手な毛皮は直射日光が当たらない通気性がいい場所におきましょう。虫に食われてしまうような事を避けるために、防虫剤も入れておくと安心です。ただし毛皮に防虫剤が直接付いてしまうと臭いが付いたり変色を起こす可能性があるので注意しましょう。
このようなにシーズンのオンオフに合った方法で毛皮を保管しておくと、良い品質を長く保つことができます。年数が経ってしまうと毛皮の価値は下がりやすくなるので、もう着ないと思ったら査定に出すことも検討してみましょう。